Ad

Lay-FarHow I Communicate

Label:Eureka! (2) – ERKCD002
Format:
CD, Album, Special Edition
Country:Japan
Released:
Genre:Electronic
Style:Deep House, Future Jazz, Broken Beat

Tracklist

1Lay-FarIntro0:20
2Lay-Far Feat Magic NumberLike The First Time
FeaturingMagic Number
5:40
3Lay-FarDva Kolca Dva Konca (Interlude)1:23
4Lay-FarLock And Rock5:19
5Lay-Far With Ashley Beadle* & Darren MorrisSlope (Upbeat)5:51
6Lay-Far Feat. Mark De Clive-LoweJump Higher
FeaturingMark De Clive-Lowe
5:14
7Lay-Far Versus Restless Soul Fun Band* & Shea SoulDraw Your Bow6:06
8Lay-FarIt's Spiritual Interlude0:09
9Lay-FarSide 2 Side (I Just)4:35
10Lay-FarSubmerging4:57
11Lay-Far4/4 Interlude0:27
12Lay-Far Feat Sean McCabeMystical Rhythms / Kaleidoscope Represent
FeaturingSean McCabe
4:52
13Lay-FarAnother Way (The Siren Song)6:57
14Lay-Far Feat Ann WellerDrop The Time
FeaturingAnn Weller
3:21
15Lay-FarOne More Interlude0:26
16Lay-FarRising / In Between Concepts5:48
17Lay-FarOutro0:38
18Lay-FarSun1:30
Ad

Notes


商品の説明
内容紹介

ロシアの新鋭、Lay-Farが放つ、次世代スタンダードのクロスオーバーミュージック!
ヨーロッパのハウス/クロスオーバーシーンを牽引する1人として活躍しているモスクワ出身のDJ/プロデューサー、Lay-Far。ハウスから、ディスコ、ファンク、ブロークンビーツまでジ縦横無尽にジャンルを行き来する彼の音楽は、Jimpster、Laurent Garnier、Gilles Peterson、Osunlade、Joey Negro、Atjazzなど、多くの偉大な先人達からもサポートを受け、ここ日本でも、DJ KAWASAKIがPaul RandolphそしてMakotoと共作した「Where Would We Be」のリミックスや、Kuniyuki、DJ Nature、Vakulaなども参加する日本発のレーベル「Soundofspeed」からも過去にEPを2枚リリース。
そして、2013年にリリースした1stアルバム「So Many Ways」から3年を経た今年、新たにAshley BeedleやMark De Clive-Lowe、Sean McCabeなどのレジェンド達を招き、「Commnication」をテーマに、スウェーデンの新興ハウスレーベル<Local Talk>を経由して、日本限定発売ののスペシャルCDアルバム「How I Communicate」をリリースする。より一層成熟した楽曲性の高いトラックを数多く収録し、リード曲の「Like The First Time」はGilles PetersonのBBC Radio1にて紹介される等、すでにヨーロッパのメディアでも高い評価を得ているLay-Farの新作! ! ハウス・ファンはもちろん、エレクトリック、テクノ系までが注目するロシアの気鋭によるニュー・ボム!
CDリリースは日本のみです。
アーティストについて

ロシアのハウスシーンを牽引する1人として活躍しているモスクワ出身のDJ/プロデューサーのLay-Far。デトロイトを彷彿させる深いハウスから、UK特有のディスコ、ファンク、ブロークンビーツまでジ縦横無尽にジャンルを行き来する彼の音楽は、Jimpster、Laurent Garnier、Gilles Peterson、Osunlade、Ashley Beedle、Joey Negro、Atjazz、Karizmaなど、多くの偉大な先人達からもサポートを受け、UKの伝説的フェス''Southport Weekender''や、クロアチアの''Suncebeat''、 モンテネグロの''Southern Soul''などに出演するようになった。2013年に1stアルバム''So Many Ways''を発表し、その後もAtjazz Record Company、Local Talk、City Fly、Lazy Daysなどのレーベルからも精力的にリリースを重ねる中、日本においてもInterFMなどのラジオで彼の楽曲がヘビープレイされ、DJ KAWASAKIがPaul RandolphそしてMakotoと共作した''Where Would We Be''のリミックスや、Kuniyuki、DJ Nature、Vakulaなどもリリースする日本発のレーベル''Soundofspeed''からも過去にEPを2枚リリースしている。
そして2016年は自身も親交が深いLocal Talkから2枚目となるアルバム''How I Communicate''を発表。世界のハウスシーンにおいて、今最も注目すべきアーティストの1人となっている。

Other Versions (3)

View All
Title (Format)LabelCat#CountryYear
How I Communicate (Part I) (LP, Mini-Album)Local TalkLTLP001Sweden2016
New Submission
How I Communicate (17×File, WAV, Album)Local TalkLTCD006Sweden2016
How I Communicate (Part II) (LP, Mini-Album)Local TalkLTLP002Sweden2016

Reviews

    Release

    Marketplace

    3 For Sale from $35.00
    Ad
    Ad

    Statistics

    • Have:8
    • Want:21
    • Avg Rating:4.5 / 5
    • Ratings:2
    • Last Sold:
    • Lowest:$24.69
    • Median:$27.00
    • Highest:$28.26

    Videos (13)

    Edit

    Lists

      Contributors

      Ad